新卒入職後、1年未満で退職してしまったナース | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

新卒入職後1年未満の転職なら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > あなたはどのタイプ? > 新卒入職後、1年未満で退職してしまったナース

新卒入職後、1年未満で退職してしまったナース

ここでは、新卒で病院や施設に入職した後、1年未満で退職してしまった看護師の方々の転職についてお話ししたいと思います。

新卒看護師の中には、入職後に厳しい看護の現場の現実を知って挫折してしまい、半年~1年程度で職場を離れてしまう方も多くいます。

新卒看護師が入職後1年未満で退職した方の退職理由としては、下記が挙げられます。

  • 夜勤や残業、研修会など長時間に渡る激務に耐えられず、体調を崩してしまった
  • プリセプターや上司からの厳しい指導に耐えられず、精神疾患になってしまった
  • 職場での人間関係が上手く行かず、先輩の看護師にいじめられている
  • 看護の現場で仕事をしてみて、自分には看護師は向いていないと感じた
  • 希望とは異なる職場に配属され、やりがいを感じられない

新卒看護師の多くは、体力もあり独身で時間の融通も利くため、夜勤がある病棟へと配属されますが、特に急性期病棟などは仕事のスピードも早く、残業や夜勤、休日にも研修会への参加など体力的にも精神的にも非常にハードな日々が続いていくため、それに耐えられず退職してしまう看護師の方が多くいます。

また、新人の時期は仕事もできず周りに迷惑をかけるのが当たり前ですが、患者の命や健康を預かっている医療の現場では、当然ながら新人やベテランなど立場は関係なくミスは許されませんので、プリセプターや上司、同僚などから厳しい指導を受けることが頻繁にあります。

こうした肉体的にも精神的にも追いつめられる環境の中で、自分は看護師に向いていないと感じ、看護の仕事自体を離れたいという方もいるのが現状です。

看護の道に戻りたいという意思があれば、再チャレンジは大丈夫

半年から1年未満という短期間で新卒の入職先を退職してしまった方でも、看護の道に戻りたいという意思がある方であれば、まだまだ受け入れ先は存在しています。

当然ながら短期間で退職してしまったという事実を厳しく見られることもありますが、看護師の転職市場では売り手市場が続いていますので、一度はつまずいてしまったとしても、もう一度看護の道でしっかりと経験を積んでいきたいという強い意志をアピールすることができれば、その気持ちを尊重して受け入れてくれる病院や施設も数多く存在しています。

特に、若手や新人看護師の悩みに深い理解がある看護師長がいる職場では、温かく迎え入れてくれる病院や施設も多いのです。

また、最初の病院で体調を崩してしまった方や精神疾患になってしまった方でも、夜勤もなく病棟に比べれば比較的じっくりと働くことができるクリニックに転職するという選択肢もありますし、急性期病院から慢性期病院へと転職してまずは自分なりの働くペースを掴むと言うのもよいでしょう。

徐々に慣れていくという意味では、最初から正職員ではなくパートなどからスタートして、少しずつ勤務時間を伸ばしていくというのもありかもしれません。

次の職場選びは、慎重に。

しかし、新卒入職後、1年未満で退職してしまった方は、次の職場選びに関してはとても慎重になる必要があります。

万が一、次の転職先でも上手く行かずに再び短期間で退職を繰り返してしまった場合、それ以降の転職の選択肢が一気に狭まってしまう可能性があるからです。

新卒の就職活動時は、社会人経験もなく職場を選ぶわけですから、ある意味では失敗しても当たり前であり、それ自体がそこまで厳しく見られることはないのですが、これが2回目の退職となってくると、採用担当者の見方も大きく変わってきます。

短期間で2度も退職を繰り返してしまった場合は、職場環境に問題があったと言うよりも、本人の意識や忍耐力、適応力に問題があったと受け取られてしまう可能性もあるのです。

そのため、次の入職先を選ぶ際には、少なくとも数年以上は働く覚悟ができるような職場を選ぶ必要がありますし、実際に入職した以上はどんなに辛いことがあっても一定期間は働き続けるという覚悟が必要になるのです。

しかし、新卒時の就職先選びに失敗してしまった方の中には、自分自身でもう一度正しい選択肢を選ぶ自信がないという方もいるのではないかと思います。

そうした方は、ぜひ遠慮せずに、一度看護師専門の転職エージェントに相談してみましょう。

看護師転職エージェントの中でも、できれば若手看護師の転職支援実績を豊富に持っている、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。

大手の転職エージェントであれば、過去に自分と同じように新卒で入職した職場を短期間で辞めてしまった方の転職支援も豊富に経験していますので、転職時の注意点や、失敗しない職場選びの方法、面接時の転職理由の伝え方など様々なアドバイスをしてくれます。

中でもおすすめができる看護師の転職エージェントは、下記の3社です。

上記の会社は、特に若手看護師の転職支援にも力を入れており、豊富な実績もあります。また、転職支援業界の中ではいずれも業界大手の企業であり、看護師以外の職種の転職支援も豊富に行っている会社ですので、安心して相談することができます。

はじめての入職先を短期間に辞めてしまったとしても、そこまでネガティブに捉える必要はありません。実際に看護の現場で働いてみて、はじめて見えてきたこともたくさんあると思いますので、一度自分自身のやりたいことや適性についてもう一度冷静に考え直してみて、それでも看護の道で働いていきたいという意思をお持ちの方であれば、必ず次の入職先を見つけることができるはずです。

また、自分自身を見つめ直す作業自体を、キャリアカウンセリングのプロである転職エージェントに手伝ってもらうというのも一つの手です。

使える手段は最大限に活用しながら、次こそ、長く働ける理想の職場を見つけましょう。

「あなたはどのタイプ?」の他のページも見る