精神科に転職するメリット・デメリット | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

精神科に転職するメリット・デメリットについて知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 科目から探す > 精神科に転職するメリット・デメリット

精神科に転職するメリット・デメリット

ここでは、精神科への転職をお考えの看護師の皆様のために、精神科の特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

近年では精神疾患を抱える患者数も増加の一途を辿っており、潜在患者数も含めると相当数の方が精神疾患を抱えていると言われています。

決して望ましい状態とは言えませんが、精神疾患という病気が誰にとっても身近になってきている今、精神疾患の治療に精通した看護師の存在の重要性は日に日に増してきていると言えます。

一方で、精神科というとどうしても閉鎖的なイメージが先行しがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。

精神科の特徴

精神科は一般に開放病棟と閉鎖病棟に分けられ、病院によっては女性病棟、男性病棟などで分かれているケースもあります。また、急性期、療養期など患者の状態により病棟を分けるケースもあり、認知症病棟などもあります。

このように、一口に精神科と言っても実際にはどの病棟に配属されるかによって雰囲気も仕事も変わってきます。

精神科の特徴としては、比較的年配の看護師や、男性看護師が多い点が挙げられます。精神科は比較的残業も少ないケースが多いので、育児や家事もしなければいけないママ看護師にも人気の職場の一つです。

一般病棟で長年経験を積んできだ看護師が、精神看護の重要性に気付いて精神科へと転職するケースが多いですが、中には新卒時から精神科に興味を持って入職する看護師もいます。このように、幅広い年齢の異なる経験を持った看護師が働いているのが精神科の特徴と言えます。

また、「精神科=閉鎖的で暗い」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実際には明るく開放的な雰囲気の病棟なども多くありますので、先入観にとらわれず、興味がある病院があれば実際に見学して雰囲気を掴むと良いでしょう。

仕事内容に関しては「精神的・肉体的な暴力があるのでは?」と怖い印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、精神科では男性看護師もいるところが多いですし、患者への対応方法についても病院ごとにしっかりと手順やルールが定められているので、そこまで心配する必要はありません。

むしろ、危険手当が出るぶん一般病棟より給料が高めとなり、ありがたいと感じている方もいるほどです。

精神科のメリット

精神科で働いている看護師の方から聞くことが多い精神科の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 残業が少なく、落ち着いて仕事ができる
  • 急性期の一般病棟のようなドタバタ感はない
  • 身体的には健康な患者も多いので、一緒に外で遊ぶこともある
  • 精神看護はとても奥が深く、モチベーションを保つことができる
  • 過去の経験や知識を活かして自分の味を出した看護ができる

精神科への転職をお考えの方の中には、残業が少なく、落ち着いて働けるという点を挙げる方が数多くいらっしゃいます。一般病棟での激務に疲れてしまった看護師の方や、育児や家事に忙しいママ看護師の方から人気があります。

また、仕事内容面では「精神看護は奥が深い」とよく言われ、自分の経験や知識に基づいて主体的な看護を実践できるところに魅力を感じている方も多いようです。

ヒトの内面や心の動きなど、心理学的な分野に興味をお持ちの方もやりがいを持って働けるでしょう。

精神科のデメリット

次に、精神科で働いている看護師の方から聞くことが多い精神科の代表的なデメリットについてもご紹介します。

  • 医療行為が少なく、一般の看護スキルは身に付けづらい
  • 患者に振り回されてしまうことも
  • 閉鎖的な雰囲気を感じて息が詰まることも

精神科は医療行為が少ないのは事実なので、一般病棟で必要となる看護スキルを身に付けようと思う方にとってはスキルアップの機会が少なく、物足りなく感じることがあるかもしれません。のちに一般病棟へと戻ることを視野に入れる場合には、自ら意識的に研鑽する必要があるでしょう。

また、精神科は患者とじっくり向き合うことができるのですが、その反面で患者の虚言や暴言等に振り回されてしまうこともあり、患者との適度な距離の保ち方が難しいとよく言われます。真面目に患者の立場に寄り添って考えようとすればするほど苦しんでしまう看護師の方もいるようです。

そして、精神科の中には明るく開放的な病棟もありますが、一方で施錠がされている閉鎖的な病棟も存在しています。精神科特有の雰囲気が肌に合わなかったという方も実際にいますので、ご自身の向き、不向きも考える必要があるかもしれません。

こんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、精神科への転職がおすすめです。

  • 人の心や内面に興味がある
  • 人とコミュニケーションをとることが好き
  • 感情的というよりは冷静に物事を考えるタイプ
  • じっくり患者と向き合う仕事がしたい
  • これまでの経験を活かして、自分にしかできない看護を実践したい
  • 自分で看護を創り上げていく、主体的な働き方がしたい
  • 残業が少ない環境で働きたい

精神科への転職を成功させるポイント

精神科の求人を探す際には、急性期なのか慢性期なのか、開放病棟なのか閉鎖病棟なのか、など具体的な職場の種別や、その病院が中心に取り扱っている疾患などはしっかりと把握する必要があります。

例えば、精神科は残業の少なさを魅力に感じて希望される方も多いのですが、実際には急性期の病棟の場合、なかなか定時には帰ることができないと不満を持っているケースもあれば、一方では急性期だからこそ患者の症状の回復も目に見えやすく、やりがいを感じやすいという方もいます。

このように、精神科も病棟や種別によってワークスタイルは大きく変わってくるため、実情をしっかりと把握することがとても大事なのです。夜勤の体制などについても入職する前にしっかりと確認しておくとよいでしょう。

おすすめの転職エージェント

精神科は病院によって大きく雰囲気も違うものの、職場の雰囲気は実際に足を運んでみなければなかなか実感することができません。

しかし、精神科はその特性上都心エリアから離れたエリアに位置することも多く、自ら足を運んで情報収集するのも難しいという方も多いのではないかと思います。

精神科の実情を把握する上では、精神科の求人に強い看護師専門の転職エージェントを利用するのが一番です。精神科の求人に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。

精神科から一般病棟へと戻った方、一般病棟から精神科へと転職して長年頑張っている方、など転職エージェントには精神科を経験した看護師の様々なリアル体験談が集まっていますので、ぜひそうした話を参考にしながら精神科に対する理解を深め、プロの視点からおすすめの精神科求人を紹介してもらいましょう。

「業種から探す」の他のページも見る