回復期リハビリテーションに転職するメリット・デメリット | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

回復期リハビリテーションに転職するメリット・デメリットについて知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 科目から探す > 回復期リハビリテーションに転職するメリット・デメリット

回復期リハビリテーションに転職するメリット・デメリット

ここでは、回復期リハビリテーションへの転職をお考えの看護師の皆様のために、回復期リハビリテーションの特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

回復期リハビリテーションといえば、リハビリ療法士が主体となっている職場であり、看護師の役割は小さいのでは?とお考えの方も多いのではないかと思います。

しかし実際には、回復期リハビリテーションにおいては患者の症状回復に向けて医師や作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など様々な専門職スタッフと連携し、チーム医療として取り組んでいく形となり、そのチームにおける看護師の役割もとても大きいのです。

むしろ、他の専門職と協働しながら働く職場だからこそ、より看護師としての専門性が求められるとも言えます。

回復期リハビリテーションの特徴

回復期リハビリテーション病院(病棟)は、脳卒中や、骨折、外傷などで脳や脊髄を損傷した患者の方が、日常生活動作(ADL)の改善を目的として集中的にリハビリテーションを実施する病棟です。

2012年の診療報酬が改定されたことで、下記の基準が新たに義務付けられました。

  • 看護配置:15:1→13:1
  • 正看護師の比率:4割→7割
  • 夜勤体制:看護師2人以上

この診療報酬改定により、回復期リハビリテーションの看護師需要は今後ますます高まると考えられており、求人は増加傾向が見込まれます。

看護配置は15:1から13:1 へ。また、正看比率は4割から7割へ、夜勤体制も看護師2人以上絶対へと基準が上がりました。これに伴い、看護師さんの需要が今後一層高まるものと見込まれています。

回復期リハビリテーションのメリット

回復期リハビリテーション病棟で働いている看護師の方から聞くことが多い回復期リハビリテーションの代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 急性期病棟のような突発的な残業などは少ない
  • 回復期の勉強ができる
  • 症状の回復に向けて努力する前向きな職場の雰囲気がよい
  • 療法士など他の専門スタッフと協働して仕事ができる

回復期リハビリテーションは夜勤も残業もありますが、それでも急性期病棟のような救急搬入などはなく、基本的に計画入院、予定退院となるため、突発的な残業の発生や急性期のようなバタバタ感はありません。

そのため、育児・家事と両立したいママ看護師やプライベートも充実させたい看護師の方などからも人気があります。

また、回復期に興味がある方にとっては回復のメカニズムやプロセスを肌で実感しながら勉強することができるとても魅力的な環境です。療法士など他のスタッフとの連携も必要になり、学ぶ点も多くあります。

回復期リハビリテーションのデメリット

次に、回復期リハビリテーション病棟で働いている看護師の方から聞くことが多い回復期リハビリテーションの代表的なデメリットについてもご紹介します。

  • 医療行為に携わる機会は少ない
  • 夜勤のナースコール回数が多いことも
  • リハビリの成果が目に見えづらく、根気がいることも

回復期リハビリテーションの場合、急性期と比較すればどうしても医療行為に携わる機会は減ってしまいますが、それでも患者の急変が起こることもありますし、リハビリ中の観察も看護師の重要な役割となりますので、回復期ならではの経験を積むことはできます。

また、回復期リハビリテーションの夜勤は急性期よりも楽だと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には急性期とは違った大変さもあります。

自力でトイレに行くことが不安な方からのナースコールなど、ナースコールの回数が多い職場もあるようです。

そして、患者の中にはなかなかリハビリの成果が見えづらく、根気強く支えていく必要があるケースも良くあります。回復の見込みがなかなか見えない中での取り組みは精神的にも辛いものですが、忍耐強く見守っていくことが必要になります。

こんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、回復期リハビリテーションへの転職がおすすめです。

  • 回復期の看護に興味がある
  • 残業も少なめで、落ち着いて働きたい
  • 患者ひとりひとりとじっくり向き合うスタイルの看護がしたい
  • 他のスタッフと協力しながら仕事を進めていきたい

回復期リハビリテーションへの転職を成功させるポイント

回復期リハビリテーションへの転職をする際には、夜勤の体制や患者の人数、療法士をはじめとした他のスタッフとの連携体制(カンファレンス・勉強会など)や業務分担、主な取り扱い疾患などについて事前にしっかりと把握しておくことが重要です。

回復期リハビリテーションは急性期よりも「残業も少ないし夜勤も楽」と考えている方も多いのですが、実際には職場により夜勤の体制も異なりますし、業務後にも勉強会に参加するなど残業が多い職場もあります。

仕事内容を重視するのか、条件を重視するのかなど自分の優先順位をはっきりとさせたうえで病院を探していくことをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

回復期リハビリテーションは今後も看護師の需要増加が見込まれており、求人は増えてい行くと考えられますが、病院によって働き方や仕事内容が大きく異なるので、転職エージェントを活用してしっかりと情報収集をするのがおすすめです。

回復期リハビリテーションの求人に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。

転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。 まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください!

「業種から探す」の他のページも見る