訪問看護ステーションで働く看護師の転職理由 | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

訪問看護ステーションの転職理由について知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 看護師の転職理由 > 訪問看護ステーションの転職理由

訪問看護ステーションで働いていた看護師の転職理由

ここでは、訪問看護ステーションで働く看護師が、訪問看護ステーションを離れて違う場所で働きたいと感じた、代表的な転職理由についてご紹介しています。

急速に進む高齢化と国家的な財政難に伴う医療費削減の流れの中で病院の病床数が削減される中、自宅で看護や介護を行う地域医療へのニーズは今後もますます高まっていくと考えられます。

地域医療において訪問看護師が果たす役割はとても大きく、今後も訪問看護ニーズや看護師に対する期待は高まっていくことが想定されますので、看護師の新たなキャリアの一つとしても「訪問看護師」という働き方はとても注目されています。

しかし、実際には訪問看護という仕事の大変さや現実に戸惑い、違う職場へと転職していく看護師も少なくありません。実際に訪問看護師として働いた看護師は、どのような理由で転職を考えたのでしょうか。

まだ訪問看護師として働いた経験がなく、違う施設や職場から訪問看護ステーションへの転職を希望されている方は、ぜひとも参考にしてください。

訪問看護ステーションで働く看護師の代表的な転職理由

訪問看護ステーションで働く看護師が口にすることが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

  • 24時間対応のステーションで、夜間の待機や休日の対応などが辛かった
  • 訪問先の患者や家族からの厳しいクレームに耐えられなかった
  • 職場の人間関係がうまくいかなかった
  • 訪問先でセクハラを受けて訪問が怖くなった
  • 自分だけで判断しなければいけないことが多く、精神的に辛かった

訪問看護ステーションで働いた看護師の方々の転職理由として頻繁に聞くのは、夜間や休日の緊急対応、訪問先との関係、職場の人間関係の3つです。

訪問看護ステーションは24時間対応のところが多く、パート勤務などで夜勤はないとしても、看護師が少ないステーションでは頻繁に夜間や休日に呼び出されることもあり、それが精神的な苦痛となったという看護師の方が多くいるようです。

また、訪問看護の場合、訪問先では看護師独自の判断が求められますが、少しでも処置や看護に不手際があると患者から以前の訪問看護師と比較されて罵倒やクレームを受けるケースがあれば、患者だけではなく患者の家族からもクレームを受けるケースもあるなど、精神的に追い詰められてしまうこともよくあるようです。中には訪問先でセクハラにあったという話を聞くこともあります。

そして、多くの訪問看護ステーションでは少人数の看護師で対応しているため、職場の人間関係につまずくと居づらくなることもあるようです。

訪問看護ステーションへの転職をお考えなら

訪問看護は基本的には夜勤もなく日勤帯のみで働くことができ、給料も高めで、患者や患者の家族とじっくりと関わっていくことができてやりがいも感じやすいので、訪問看護に興味をお持ちの看護師の方は多いのではないかと思います。

しかし、訪問看護に興味をお持ちの方のほとんどが、「医師がいない中、訪問先で全ての対応を自分だけで判断できるだろうか」「自分の知識と経験では訪問先でしっかりと対応できないのではないか」と不安に感じているのではないかと思います。

訪問看護の現場では看護師がまだまだ不足しており、仕事の知識や経験については実践を積み重ねていくうちに慣れるものなので、むしろ若手でも積極的に採用していきたいというステーションも多いのですが、なかなか一歩を踏み出せない看護師の方が多いのも実情です。

上記のような悩み、不安をお持ちの方は、ぜひ看護師専門の転職エージェントに相談してみてください。転職エージェントでは訪問看護ステーションで働いた経験がある看護師の転職支援も数多く行っているので、自分が訪問看護に合っているかどうか、過去の事例も基にして客観的な視点から様々なアドバイスを受けることができます。

ただし、訪問看護ステーションの中には転職エージェントを利用せずに採用活動をしているところも多いので、求人を探す際には、転職エージェントだけでなく並行してハローワークなどもフルに活用するのがよいでしょう。