介護施設・老人ホームに転職するメリット・デメリット | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

介護施設・老人ホームに転職するメリット・デメリットについて知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 科目から探す > 介護施設・老人ホームに転職するメリット・デメリット

介護施設・老人ホームに転職するメリット・デメリット

ここでは、介護施設への転職をお考えの看護師の皆様のために、介護施設の特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

超・高齢化社会が進行する日本において、介護施設の存在は日に日に重要性を増しており、介護の現場でも多くの看護師の方が活躍しています。病院やクリニックとは違う、介護の現場の最前線で看護師として働くという選択肢には、どのような魅力があり、大変な点があるのでしょうか。

介護施設の特徴

介護施設における看護師の役割は、利用者への介護ケアや指導、急変時の看護業務、介護職への指導など多岐に渡りますが、一口に介護施設と言ってもその種類は様々にあり、下記のどのタイプの介護施設かによって看護師の業務領域や仕事の内容は大きく異なってきます。

  • 介護老人保健施設(老健)
  • 医師の常勤・看護師による24時間制常勤が義務付けられているため、基本的に夜勤ありの勤務形態となることが多い。
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム・特養)
  • 夜勤なしの勤務形態もあるが、オンコール体制のところが多い。
  • 有料老人ホーム
  • 民間企業が運営しているので、施設により勤務体系は大きく異なる。

上記のように、介護施設には医療行為も多く夜勤もある施設もあれば、医療行為はほとんどなく夜勤もオンコールもないという施設まで本当に様々です。

看護師と介護職の業務の切り分けについても施設により異なり、看護師とはいえども介護の仕事をメインに行うところもあります。

また、介護施設では幅広い経験を持った幅広い年齢層の看護師が働いていますが、育児を終えたママ看護師の方などからも人気があります。

介護施設のメリット

介護施設で働いている看護師の方から聞くことが多い介護施設の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 夜勤がなく基本的に定時で上がれる施設も多い
  • 看護だけではなく介護の経験も積める
  • 介護職など他の専門スタッフと協働して仕事ができる

介護施設の中には夜勤がなく、急変などの緊急対応がない限り、基本的に定時で上がることができる施設なども多いので、急性期病棟でのハードワークに疲れてしまった看護師の方や、出産・育児からのブランク明けの看護師の方などからも人気があります。

また、介護施設では利用者の生活介助など介護業務もこなすことが多くなりますが、介護はいずれ誰もが直面する問題ですので、看護だけではなく介護の現場で経験を積むことができるという点に魅力を感じている方もいらっしゃいます。

そして、介護施設では看護師以外にも介護職、ケアマネジャーなど様々な専門職が働いており、お互いに連携しながら仕事を進めていく必要があるので、難しさもありますが、そのぶんやりがいもあります。

介護施設のデメリット

次に、介護施設で働いている看護師の方から聞くことが多い介護施設の代表的なデメリットについてもご紹介します。

  • 介護がメインで看護業務が少なく、看護師としてのスキル・経験が積めない
  • オンコール体制の施設では、緊張状態が続き精神的負担が大きい
  • 医師が常駐しない施設では、看護師に判断を求められプレッシャーとなることも
  • 看護師が少ないため休みの融通が利きづらい
  • 介護職やケースワーカーなど他の専門職との人間関係が難しい

介護施設で働く場合には、看護業務だけではなく介護にも携わる必要がありますが、業務のほとんどが介護メインで、看護師としてのスキルアップは難しいと考えて介護施設からの転職を考える方は多くいらっしゃいます。

また、介護施設では病院と比較すれば看護師の数は圧倒的に少ないので、当然ながら一人一人の責任も大きくなります。看護師の人数が少ない中でのオンコールは精神的負担となりますし、休みも融通が利きづらい、医師が常駐しない施設では自身で判断をしなければならない、など介護施設で働く看護師ならではの悩みも多くあります。

しかし、こうした仕事内容や勤務形態については介護施設によって本当に大きく異なるので、事前にしっかりと確認しておくことでミスマッチを防ぐことができます。

こんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、介護施設への転職がおすすめです。

  • お年寄りの方と接するのが好き
  • 残業が少ない環境で働きたい
  • 看護だけではなく介護にも携わりたい
  • 他のスタッフと協力しながら仕事を進めていきたい
  • 感謝されることに一番のやりがいを感じる

介護施設への転職を成功させるポイント

繰り返しとなりますが、介護施設はその種類によって仕事内容や勤務体系が大きく異なりますので、施設の種類(老健・特養・有料老人ホームなど)はもちろん、夜勤体制、オンコール体制、医療行為の多少、介護職との業務切り分け、利用者の人数、利用者の健康状態(認知症・寝たきり・自立など)、常駐する看護師の人数などを事前に細かく把握し、現場の働き方をできる限り具体的にイメージすることが重要です。

おすすめの転職エージェント

介護施設は施設によって本当に仕事内容や勤務条件が様々なので、イメージではなく事実を基にして応募先の実態を把握することがとても重要になります。

しかし、仕事内容や細かい勤務体系などの実態については外部から簡単に知ることはできません。そこで活用できるのが、看護師専門の転職エージェントです。

介護施設の求人に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。

転職エージェントには介護施設で勤務経験がある看護師からの口コミや、独自の取材に基づいて数多くの施設のリアルな情報が蓄積されていますので、ぜひその情報を提供してもらい、理想の働き方が実現できる介護施設を探しましょう。

「業種から探す」の他のページも見る