7対1看護か10対1看護か? | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

7対1看護と10対1看護について知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 7対1看護か10対1看護か?

「7対1看護」か「10対1看護」か?

ここでは、病院を転職する際に、病院を選ぶ基準となる「7対1看護」と「10対1看護」についてご紹介します。 「7対1看護」のほうが看護師の人数にゆとりがあり、休みもとりやすいのでは?と考えている方も多いかと思いますが、実際にはどうなのでしょうか?

病院への転職をお考えの方は、ぜひ参考にして下さい。

診療報酬の改定

2006年4月より、診療報酬の改定に伴って「7対1看護」を実現する病院には診療報酬の最高ランクが位置づけられるようになりました。入院基本料を上乗せできるようになったのです。

そのため、全国の病院は「7対1看護」を実現して経営状況を改善しようと、看護師の採用意欲を一気に高めました。

しかし、中途採用の転職市場から多くの看護師を獲得するのはそう簡単なことではありません。そこで多くの病院は、新卒看護師の採用に力を入れています。

「7対1看護」かどうかよりも、看護師の「質」

上記のように、病院の中には7対1看護を実現するために新卒看護師を大量に採用し、何とか人数合わせをした、という病院も数多く存在しています。

しかし、中堅層の看護師の人材層が薄いのにも関わらず無理に大量の新卒看護師を採用すれば、当然ながら院内のマネジメント体制は混乱し、教育や研修も手薄くなり、結果として新卒看護師の離職を招くという結果に陥ってしまいます。

そのため、ギリギリの人数で何とか「7対1看護」を実現している病院の中には、結果として職場にゆとりがなく慢性的な忙しさで休みもとれないところも多いのです。

つまり、ゆとりを持って働けるかどうか、休みがとりやすいかどうか、という点を重視するのであれば「7対1看護」「10対1看護」という表面的な情報だけではなく、その病院にはベテラン看護師が多いのか、それとも新人看護師が多いのか、という看護師の「質」を見極める必要があると言えるでしょう。

「7対1看護」が経営的に有利なのは間違いない

上記のように、「7対1看護」を実現している病院のほうがゆとりを持って働けるとは必ずしも言えないのですが、「7対1看護」の場合、診療報酬が最高ランクとなっていることで経営的に有利であることは間違いないため、設備面や給与面など、様々な点で条件が良い可能性はあります。

病院の経営状況も考慮するのであれば、「7対1看護」を実現している病院のほうがおすすめだとは言えるでしょう。

職場の実態は転職エージェントに教えてもらおう

気になる病院がある方は、その病院の実際の忙しさや残業時間、休日出勤の状況などについて、病院の内部情報に詳しい看護師専門の転職エージェントに聞いてみるのが一番です。

看護師専門の転職エージェントは、病院の採用担当者はもちろん、以前にその病院で実際に働いていた看護師からの口コミなどを基にして、なかなか外からでは分からない病院の内部情報を数多く蓄積していますので、ぜひ詳しく情報を提供してもらいましょう。

特におすすめができる看護師転職エージェントとしては、下記が挙げられます。

ぜひ積極的に活用してみて下さい。

転職成功マニュアルのその他のコンテンツを見る