慢性期病院(療養型病院)で働く看護師の転職理由 | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

慢性期病院(療養型病院)の転職理由について知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 看護師の転職理由 > 慢性期病院(療養型病院)の転職理由

療養型病院で働いていた看護師の転職理由

ここでは、療養型病院で働く看護師が、療養型病院を離れて違う場所で働きたいと感じた、代表的な転職理由についてご紹介しています。

療養型は急性期と比較すると患者の状態が安定しており、高齢患者も多く、入院期間も長いのでじっくりと患者と向き合いながら看護ができるというイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。

実際に急性期から療養型へという転職はよくあるパターンの一つなのですが、一方でいざ療養型に転職してみると、また新たな不満を抱えて急性期に戻りたくなる方や、違う部署へ転職したくなる方も多くいます。

実際のところ、療養型病院で働いていた看護師の方々はどのような理由で療養型病院を離れようと思ったのでしょうか。

まだ療養型病院で働いた経験がなく、違う施設や職場から療養型病院で働く看護師への転職を希望されている方は、ぜひとも参考にしてください。

療養型病院で働く看護師の代表的な転職理由

療養型病院で働く看護師が口にすることが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

  • 急性期と比較して学びが少ないと感じた
  • 急性期でバリバリと働く同期に置いていかれる気がした
  • 変化が少なく同じことの繰り返しで、やりがいを感じられなかった
  • 寝たきりの患者の入浴介助などで腰痛が悪化した
  • 看護師同士の人間関係がよくなかった
  • 想像したよりも患者の出入りも激しく、忙しかった

療養型病院から転職した方々の多くは、療養型に特有の仕事内容に不満をきっかけに転職を考えた方が多いようです。

特に多いのが、「毎日の変化が少なく、同じことの繰り返しなのでやりがいが感じられない、成長感が感じられない」といった不満です。

バリバリ働きたいという志向が強い看護師の方にとっては、患者一人一人とじっくり向き合いながら看護していくという療養型のスタイルが肌に合わないと感じることもあるようです。

また、療養型の場合は高齢の寝たきり患者なども多く、入浴介助などを看護師が行う職場では腰痛に悩まされて転職せざるを得なくなる方などもいるようです。

他にも、療養型の場合は急性期と比較すると仕事のペースがゆったりとしている分、職場内の人間関係がウェットになりがちなので、人間関係がこじれたことで居づらくなってしまったという方などもいます。

そして、一般的に療養型は急性期と比較すると業務負担が少ないと思われているようですが、実際に転職してみたらそんなことはなく、療養型は療養型で忙しく、大変だったという声もあります。

もちろん療養型とは言っても当然ながら病院や病棟、看護師の配置体制、役割分担などによって忙しさは変わってきますので、「療養=急性期よりも業務負担が少ない」と考えるのではなく、病院ごとの実情をしっかりと把握しておくことが重要だと言えます。

療養型病院への転職をお考えなら

療養型病院は、急性期のハードワークで肉体的・精神的に疲弊してしまった若手看護師や、結婚や出産・育児を機に急性期で働くことが難しくなったママ看護師などから人気があります。

しかし、療養型への転職をお考えの方の中には、「急性期を辞めて療養型へ移ったことを後になってから後悔しないか?」「もう少し急性期で頑張ったほうがいいのではないか?」「自分にはまだ療養型は早いのではないか?」などのように、そもそも今のタイミングで療養型へと転職して良いかどうかを迷っている方も多いのではないかと思います。

そうしたお悩みをお持ちの方は、ぜひ看護師専門の転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントでは、過去に同様の悩みを持っていた看護師の方々の転職事例も豊富に持っていますので、成功するケース、失敗するケースなど様々な事例を基にしてアドバイスをもらうことも可能です。

また、療養型への転職を考える際には、「実際の仕事内容・忙しさ」と「職場の雰囲気・人間関係」の2つがとても重要になってきます。

「業務負担を減らそうと思って療養型に転職したのに実際はかなり忙しかった」という声や「療養型は急性期よりも仕事内容には余裕があるので、むしろ看護師同士の人間関係がいいかどうかが仕事のやりがいに大きく影響してくる」といった声を良く聞くからです。

しかし、実際の仕事内容は病院により異なりますし、人間関係についても外からでは内情は分かりません。そこで頼りになるのが転職エージェントです。

良心的な転職エージェントであれば、病院ごとの仕事内容はもちろん、職場の雰囲気や人間関係についてもしっかりと把握しています。それらの情報を事前に提供してもらうことで、転職後に後悔する可能性を大きく減らすことができますので、ぜひ病院の内部情報は惜しみなく提供してもらいましょう。