精神病院・精神科で働く看護師の転職理由 | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

精神病院・精神科の転職理由について知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 看護師の転職理由 > 精神病院・精神科の転職理由

精神病院・精神科で働いていた看護師の転職理由

ここでは、精神科で働く看護師が、精神科を離れて違う場所で働きたいと感じた、代表的な転職理由についてご紹介しています。

精神科は、急性期の一般病棟を経験した看護師が働く中で精神科看護に興味を持ち始めると言うケースもありますし、新卒看護師で最初から精神科看護に興味があるという方もいます。

精神科といっても急性期病棟、慢性期病棟、認知症病棟などで雰囲気や業務内容などは大きく変わってくるので、ひとまとめにお伝えすることは難しいのですが、実際のところ、精神科で働いていた看護師の方々はどのような理由で精神科を離れようと思ったのでしょうか。

まだ精神科で働いた経験がなく、違う施設や職場から精神科で働く看護師への転職を希望されている方は、ぜひとも参考にしてください。

精神科で働く看護師の代表的な転職理由

精神科で働く看護師が口にすることが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

  • 精神科特有の閉塞感のようなものを感じて息が詰まった(慢性期)
  • 医療行為が少なく、看護師としてのスキルが身に付かないと感じた(慢性期)
  • 患者の暴言や演技などに振り回されてしまい、疲弊した(慢性期)
  • これ以上長くいると一般科に戻れなくなる気がした(慢性期)
  • 毎日入院患者の対応に追われ、患者とじっくり向き合えなかった(急性期)
  • 患者の急変に対応できず困ることが多く、内科・外科の知識も学びたいと思った(急性期)
  • 精神疾患になってしまい辞めざるを得なくなった(急性期)

精神科を辞めた看護師の転職理由は、慢性期か急性期かによっても微妙に異なってきますし、精神科しか経験をしていない看護師と、一般科も経験したことがある看護師でも異なってきます。

精神科しか経験をしていない看護師の場合

精神科しか経験をしていない若手の看護師の場合、医療行為が少なく、精神科特有のゆったりとしたペースでは看護師としてのスキルが身に付かないと焦りを感じる方や、精神科の知識だけだと患者の急変時に適切な対応がとれないため、一般科でしっかりと学びたいと言う前向きな理由で転職を考える方もいます。

また、新卒時に高い志と熱意をもって精神科へと入職した看護師が、精神患者の悩みや言動に振り回され、結果として自分自身が精神疾患になってしまい、辞めざるを得なくなるというケースもあるようです。

精神患者に引き込まれすぎないように適度な距離を保ち、あくまで「精神科看護技術」としてのコミュニケーションをとることに徹していないと、自分自身が精神的に追い詰められてしまうことがあるようです。中には精神科は「割り切りが必要」とお話しされる看護師の方もいます。

一般科の経験がある看護師の場合

そして、一度一般科を経験した後に精神科へと転職してきた方の中には、精神科特有の閉鎖的な雰囲気や、結果が見えづらい看護スタイルに閉塞感や絶望感を感じて、一般科に戻りたいと感じるようになった方や、精神科で働く同僚看護師の意識やモラルの低さに辟易としてしまい、一般科に戻りたいと考える方などもいるようです。

一般科と精神科では働き方も大きく異なりますので、当然ながらそれぞれの科で長く経験を積めば積むほど、専門性が身に付くとともに看護師としての価値観も変わっていきます。

違う科から精神科へと転職してきた方の中には、精神科で長らく働いてきたベテラン看護師などに対して、そうした価値観の違いから生まれる軋轢を感じることもあるようです。

精神病院・精神科への転職をお考えなら

精神科は一般科と比較して「仕事が楽」というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際には精神科でも急性期病棟、慢性期病棟、認知症病棟などによって働き方や忙しさは大きく異なってきますし、ケースによっては精神患者からの精神的暴力、身体的暴力を受けることなどもあるため、両者を比較してどちらのほうが「楽」だと一概に決めつけることはできません。

一般科と比較して残業が少ない点を魅力に感じる方もいれば、精神患者の対応が本当に苦痛だと感じてしまう方もいるのです。

大事なのは、自分が精神科に向いているのかどうかをしっかりと理解することと、自分の転職の目的を実現できる精神科をしっかりと探すということです。

精神科の就業条件(残業・給料)などに魅力を感じて精神科を希望する看護師の方と、精神科の仕事内容自体に興味を持って精神科を希望する看護師の方では、同じ精神科でもフィットする病院の探し方は大きく変わってきます。

また、職場の雰囲気やそこで働く看護師の年齢構成、患者間の雰囲気、治療の方針なども病院によって大きく異なりますので、そうした情報も事前にしっかりと把握した上で転職先を決めることが重要です。

自分が精神科に向いているのかどうか分からないと言う方や、精神科で働いた経験がある看護師の生の声を聞きたいという方、病院ごとの精神科の雰囲気の違いを詳しく知りたい方などは、ぜひ看護師専門の転職エージェントに相談してみましょう。

こうした生の情報は、ウェブ上や求人サイトなどに後悔することはできませんし、そもそも文章として掲載することが難しい内容なども多く含まれています。

実際に多くの精神科看護師の転職をサポートしてきた転職エージェントだからこそ把握できている様々な病院の精神科の実情や、過去の転職成功例・失敗例などを色々と教えてもらうことで、転職の軸や方向性が定まってきます。

精神科への転職を考えるなら、過去に数多くの転職支援実績があり、病院の内部情報もしっかりと把握している転職エージェントに相談するのがおすすめです。ぜひ有効活用しましょう。