クリニックに転職するメリット・デメリット | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

クリニックに転職するメリット・デメリットについて知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 科目から探す > クリニックに転職するメリット・デメリット

クリニックに転職するメリット・デメリット

ここでは、クリニックへの転職をお考えの看護師の皆様のために、クリニックの特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

クリニックは基本的に夜勤もなく残業も少ないため、出産・育児から復帰したママさん看護師を中心にとても人気がある看護師求人の一つです。

しかし、病院とクリニックでは看護師の人数や役割、仕事内容、働き方などあらゆる面が異なりますので、病院からクリニックへの転職を希望されている方は、クリニックの実情についてしっかりと理解した上で転職するのがよいでしょう。

クリニックの特徴

クリニックとはベッド数が19床以下の有床診療所か、無床診療所のことを指します。「診療所」や「医院」などの名前がついているところもありますね。

一口にクリニックと言っても、様々な診療科目があり、科目によって来院する患者の属性も大きく異なるため、当然ながら業務内容や働き方も変わります。

たとえば、科目によって繁忙期の時期なども大きく異なります。内科では冬にかけてインフルエンザの予防接種などがピークを迎えますし、耳鼻科では春になれば花粉症の患者が押し寄せるといったように、季節により流行する症状や病気によって専門科目の繁忙期は異なってきます。

また、クリニックは院長の個人経営であることが多いので、院長の経営スタイルや方針により職場の雰囲気や労働環境、職務の分担方法なども大きく違ってくるという点も大きな特徴として挙げられます。

どんなクリニックにも共通して言えることは、病院と比較すれば看護師の数が平均しても2~3名と非常に少なく、看護師以外のスタッフも含めてチームワークがとても重要になる職場だということです。

決まった定休日に休みをとることができることを魅力に感じる方もいるかもしれませんが、他の看護師が急な病欠になったときなどは自分がカバーするなど、人数が少ないからこそのチームワークと柔軟さが求められるという側面もあります。

クリニックのメリット

クリニックで働いている看護師の方から聞くことが多いクリニックの代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 夜勤がなく、繁忙期を除いて残業もほとんどない
  • 急な対応も少ないので、規則正しく働くことができる
  • 昼休みがあり、休憩時間をしっかりとれる
  • 専門科目の知識やスキルを深めていくことができる

ほとんどのクリニックは夜勤がなく、繁忙期を除けば定時に帰れることも多いので、プライベートも充実させたい方にもぴったりです。また、無床診療所の場合、急変対応や救急搬入などもありませんので、基本的に予定外の勤務が必要になることはあまりなく、規則正しく働くことができます。

そしてクリニックの特徴は、何と言っても昼休みです。午前の部と午後の部で昼休みがあるところが多いのですが、中には3時間の昼休みを設けているところもあります。

自宅の近くの地元のクリニックに勤務しているママさん看護師の方も多いので、休憩時間を上手に活用して買い物などの家事をこなしたりする方もいます。

また、クリニックは小児科、皮膚科、など自分の興味がある科目で専門性を高めるのにも持ってこいの環境です。

クリニックのデメリット

次に、クリニックで働いている看護師の方から聞くことが多いクリニックの代表的なデメリットについてもご紹介します。

  • 看護師の数が少ないと、連休や急な休みはとりづらいことも
  • 人数自体が少なく、人間関係がウェットになりがち
  • 雑用、掃除など看護業務以外もこなす必要がある
  • 看護や医療行為のレベルやモラルが低いことも

クリニックで働く看護師がよく口にする不満は、在籍している看護師の人数の少なさが起因する不満がほとんどです。

特に多いのが、看護師の人数が少ないため「他のスタッフに気を使いながら休みを取る必要があって休みを取りづらい」「他のスタッフが休むと自分がカバーしなければいけない」などの休日に関する不満です。

他にも、医師や事務スタッフを含めても職場の人数が少ないので、人間関係の構築がうまくいかないと居づらくなるというケースもあるようです。

また、クリニックで働く看護師の場合は看護業務だけではなく雑用や事務、掃除、電話対応など様々な業務をこなさなければいけないことも多く、看護師としてのスキルを磨けない、仕事にやりがいを感じないと言う方もいらっしゃいます。

これらの不満は、少人数で経営をしているクリニックだからこそ出てくる不満だと言えるでしょう。

そして、総合病院や大学病院からクリニックに転職した方などの中には、クリニックの中で行われている感染対策のレベルの低さや医師や看護師のモラルの低さにびっくりしてしまったという方もいらっしゃいます。

クリニックは病院と比較してレベルが低い、モラルがない、というわけでは決してありませんが、院長の経営方針によっては、病院では考えられないような対応をしてしまっているところもゼロではないようです。

こうした部分は求人情報だけを見ていても分かりませんので、興味があるクリニックがあれば一度自分で診察を受けてみるなどして自分の目で確かめるのがよいかもしれません。

こんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、クリニックへの転職がおすすめです。

  • 規則正しく働きたい
  • 日勤のみ・残業なしでプライベートや家事・育児も充実させたい
  • 数多くの患者の方と接したい
  • アットホームな雰囲気の職場で働きたい
  • 特定の専門科目に興味がある
  • 地域医療に興味がある

クリニックへの転職を成功させるポイント

ほとんどのクリニックは夜間診療を行わない無床診療所なので、日勤のみで規則的に働けるところが多く、看護師の方々からとても人気があります。

そのため、クリニックには全国に約10万もの数があるのですが、転職市場に出てくるクリニックの求人自体はそこまで多いわけではなく、求人募集をするとすぐに応募が来て充足してしまうため、非公開求人となっているケースも多くあるのです。

採用理由もほとんどが「欠員」で、看護師の人数自体が少ないクリニックでは即戦力が求められるので、タイミングもとても重要になります。

クリニックへの転職を成功させるためには、情報の収集を欠かさず、興味がある求人が出てきたらすぐに応募できるようにしておくことが重要です。

また、クリニックは看護師を即戦力として期待しているところが多いので、注射や採血などが得意な方はアピールポイントになります。

一点、クリニックへ転職する上で気をつけたいことは、給与や勤務条件や仕事内容などについて事前にしっかりと確認しておくことです。クリニックは多くが個人経営であり、様々な条件がクリニックにより大きく異なるので、細かい就業条件も一つ一つ事前に確認しておくことをおすすめします。

例えば、ほとんどのクリニックでは厚生年金ではなく国民年金への加入となります。クリニックは医師の個人事業となっているケースも多いので、年金は国民年金、保険は医師会の国民保険、というケースが多いのです。

おすすめの転職エージェント

看護師の方々からの人気が高いクリニックへの転職を成功させるためには、非公開求人へのアプローチとこまめな情報収集は不可欠です。

そのため、地元のクリニックへの転職をお考えの方は、小規模なクリニックの求人などもしっかりと網羅している看護師専門の転職エージェントに登録して求人情報を紹介してもらうのがもっとも効率的です。

クリニックへの転職に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。

転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。 まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください!

「業種から探す」の他のページも見る