看護師転職エージェントを利用するデメリット | 看護師求人サイトの比較なら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職エージェントのデメリットについて知るなら看護師転職サイトランキング.jp

最新版!看護師転職サイトを徹底比較。本当に信頼できる看護師転職サイトの選び方

転職成功マニュアル

どうやって転職する?

転職エージェント

転職サイトランキング

安心の業界大手

薬局系列

医療業界特化型

看護師転職の老舗

大手企業系列

中小・独立系

看護師求人サイト

科目から探す

業種から探す

転職理由から考える

看護師の転職事情

看護師の給料事情

あなたはどのタイプ?

特集企画

地域から探す

スポンサードリンク

看護師転職トップ > 転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリット

次は、転職エージェントを利用するデメリットを見ていきましょう。様々な転職支援をしてくれる転職エージェントですが、当然いい点ばかりではなく、悪い点もあります。

転職エージェントを利用するデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 病院や施設への採用ハードルが上がる可能性がある
  • 担当してくれるアドバイザーによってサービスの質にばらつきがある
  • 一部、強引なサービスを提供してくる転職エージェントもいる

それぞれの項目について詳しく説明していきます。

病院や施設への採用ハードルが上がる可能性がある

転職エージェントを利用して転職する場合、あなたの入職が決まると、入職先となる病院や施設や転職エージェントに対して採用費用を支払う必要があります。

病院や施設が支払う費用は大体入職者の年収の15~20%前後が相場ですので、例えば入職時のあなたの提示給与が400万円だとすれば、60万円~80万円前後が転職エージェントに支払われることになります。

もちろん、転職エージェントを通じて採用活動を行う契約をしている時点で病院や施設は採用費用を負担することには了承しているわけですので、費用だけを理由に採用の可否が決まることはありませんし、採用にあたって費用がかかるかどうかは看護師である皆さんには関係のない話ですので、そのような理由で合否を判断されてしまうことは本来許されないことです。

しかし実際には、経費の削減を進める中で採用費用の負担も厳しい病院や施設も存在していますので、そうした病院や施設の場合、仮に同程度のスキルや経験を持った候補者が応募してきた場合、採用に費用がかかる転職エージェント経由の候補者ではなく、費用がかからない直接応募経由の候補者の採用を優先するということは考えられます。

このように、採用費用がかかるというだけで場合によっては採用のハードルが上がってしまう可能性もゼロではありませんので、その点は覚えておきましょう。

また、看護師の転職支援で25年の実績があるナースパワー人材センターが運営する「ナースパワー」では、この看護師の採用にかかる成功報酬費用をあえて安く設定することで採用率を高めているという点をアピールポイントにしています。

このような転職エージェントの仕組みがネックとなって看護師の方々の選択肢が狭まることがないよう、最大限の配慮をしてくれているとても良心的なエージェントだと言えますね。

担当してくれるアドバイザーによってサービスの質にばらつきがある

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーから連絡が来ます。基本的に、その後の転職活動の相談や面接日程調整などのやり取りは、そのキャリアアドバイザーを通じて行うことになります。

しかし、キャリアアドバイザーは人間ですから、どうしても担当者によってサービスの品質やレスポンスの早さなどにばらつきが出てしまいます。

親身になって対応してくれる優秀なキャリアアドバイザーに巡り合えればベストですが、中には専門性も低く対応も良くないアドバイザーにあたってしまうこともありますので、そんなときは遠慮せずにキャリアアドバイザーを交代してほしい旨を転職エージェントに伝えましょう。

転職は人生をかけた一大事ですから、信頼できるパートナーと進めていくことが何より重要です。複数の転職エージェントに登録するなどして、ぜひキャリアアドバイザー選びにはこだわりましょう。

一部、強引なサービスを提供してくる転職エージェントもいる

当サイトでご紹介している転職エージェントは看護師の転職支援実績も豊富にあり、しっかりとした転職エージェントだけを厳選していますが、残念なことに、中には悪徳業者と言われてもおかしくないような転職エージェントも存在しています。

悪徳な業者の特長としては、下記が挙げられます。

  • 強引に希望とは異なる求人を紹介してきて、面接を強要される
  • 年収情報や勤務条件などについて、虚偽の求人情報を掲載している

転職エージェントの中には、こちらから希望条件を伝えているにも関わらず、希望とは異なる条件の求人を執拗に紹介してくる会社や、メールや電話でしつこく特定の病院や施設への面接を強要してくる会社などもあるようです。

また、取引をしている病院や施設へのヒアリング不足により、給与条件や勤務条件などについて、誤った情報を掲載し、提供している会社もあります。これは転職エージェントに関わらずハローワークでもあることですが、給与や勤務条件については内定を受諾する前に必ず自分自身で直接確認しておくことが重要です。

「事前に聞いていた話と違った」というトラブルは入職後のトラブルとして最も事例が多くなっているので、気を付けましょう。

「担当者の態度・対応が不親切だった」「レスポンスが遅かった」「担当者が看護師業界に詳しくなかった」などであればまだ「悪徳」とまでは行きませんが、上記のように執拗なメール・電話や面接の強要、虚偽の求人情報提供などはさすがに問題です。

こうした転職エージェントに登録しないように、ぜひ転職エージェントの選び方を参考にして、転職エージェントを見る目を養いましょう。

良心的な転職エージェントはとても心強いパートナーとなりますが、悪徳転職エージェントに関わると自分の人生を台無しにされてしまいかねません。くれぐれも気を付けましょう。